肛門科・外科・痔治療なら宇都宮のやまだ胃腸内科小児科クリニックへ

胃腸内科 内視鏡検査 内科 外科/肛門科
小児科・皮膚科 小児アレルギー科 予防接種 各種健診・がん検診

一般外科

日常生活における怪我、主に切り傷や熱傷(ヤケド)などの外傷の処置を行います。
症状によりましては迅速に専門医療機関をご紹介いたします。
尚、やまだ胃腸内科小児科クリニックでは、創傷の早期治癒に効果のある以下の「湿潤療法」も行っております。

湿潤療法

湿潤療法とは、創傷(特に擦過傷)やヤケド、褥瘡(じょくそう)などの皮質疾患に対して
  • 消毒をしない
  • 乾かさない
  • 水道水でよく洗う
を原則に処置を行う治癒の早い外傷治療法です。

今までは転んだりしたキズを消毒し、通気性のよいガーゼを付けておくことが通常でした。
しかしながら傷口を消毒し乾燥させると傷を治癒させようと、働く細胞を分化、増殖させる活性を止めてしまうことになるのです。
早くできる限りきれいに治すには傷口を消毒せず、乾燥させないのが大切です。

湿潤療法のメリット

  • 傷が早く治る
  • 傷跡が残りにくくきれいに治る
  • 傷を密閉環境におくことで感染が抑えられる
  • 乾燥による神経への刺激が少ないため痛みが少ない

ジオン注射により痔治療
※ジオン注射による痔治療は現在準備中です。何卒ご了承ください。

ジオン注射とは?

痔核に薬剤を注入して固める治療法(硬化療法)は、以前からある痔の治療法です。
しかしながら効果が十分でないという欠点もありました。
今回、ジオンという硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸を有効成分とする強力な治療薬(硬化剤)が出ました。

従来は手術が必要と判断される場合でも、ジオンを痔核へ直接注射する硬化療法で、手術と同等の効果を得られる場合は多いのです。

ジオン治療法について

局所麻酔または仙骨硬膜外麻酔を行った後、4段階注射法といって一つの痔核に対して4ヵ所に分割してジオンを患部に局所注射します。

医院概要

〒320-0851 宇都宮市鶴田町718-2

[山田 豊院長]
胃腸内科 内視鏡検査 内科 外科 肛門科

[山田 裕美副院長]
小児科 アレルギー科 皮膚科

tel.028-612-8583

MAP